学生

中学受験は準備が大事

中学受験の家族協力。

学生

中学受験には家族の協力が必要である。 親が良い中学に行かせたいと思う気持ちも大切だが、 小学生の子どもがその中学に進学したいと思う気持ちが必要である。 そのために塾に任せっきりにするだけではなく、一緒に勉強をすることが大切だ。 これは机の上だけの勉強ではないし、話し合いが勉強になったりする。 算数、理科などは塾での勉強でなんとかなるのだが、国語や社会などは日常生活が大切になってくる。 国語の成績をあげるには一緒に本を読んだり触れ合うことも大切で、漢字をたくさん覚えることだけが必要ではない。 社会も自分の考えを述べる作文能力を培うためにニュースを見たり新聞を読んだりすることで、塾では足りない部分を補うことも出来るのだ

塾の費用は高い。

残念ながら算数は小学生レベルでも難しいため、中学受験といっても親が教えることはできない。中学受験の算数は数学レベルの問題もあるからである。なのでここは塾に任せても良い。 でも、作文能力などの国語は家族の協力なしで学習することはできない。中学受験には作文がつきものだからだ。漢字は塾にまかせても良いが、作文能力を高めるためには日頃から本を読む習慣を付けることが大切になる。 自分の意見や立場をしっかり言えることも大切で社会では新聞やニュースから学習できることも多い。なので、テレビを禁止にするのではなく制限するだけにするなど負担をかけずにできる中学受験の工夫はたくさんある。 ただ塾を利用するのではなく、塾で学んだことを学校で活かすために自宅での過ごし方を工夫させることも重要だ。