学生

中学受験を成功させる方法

学校教育だけでは不十分

医者

中学受験は、主に公立小学校など併設された中学校のない学校に通う児童が、入学試験を経て国立または私立の中学校に進学することをいいます。 現在の日本では、義務教育として小学校6年間の教育が義務づけられていますが、その実態は様々です。すべての児童の理解を得るためには、わからない子どものレベルに合わせる必要があるため、高い教育水準を維持するのはどうしても難しくなります。その中で、より高度で豊かな教養と知識が必要とされる中学受験を考えるとすると、学校教育のみというのはとても高いハードルとなります。 そこで考慮するのが学校外の教育機関です。具体的には塾や通信教育、家庭教師などが考えられますが、今はインターネット上で講義が受けられるアプリなども出てきており、選択の幅は広いといえるでしょう。

教育機関の選び方

中学受験を控えるときにありがちなのが、大手の塾に任せておけば安心だという考えです。確かに、全国的に有名な塾に通わせれば一定の水準の教育を受けることができます。しかし、中学受験を成功させるために大切なのは、我が子に合った教育方法を見定めることです。 大手の塾ではレベルの高い子どもを優先的に教えて難関校への合格率を上げることを一番に考えるところもありますが、個人塾など小さな塾であれば個々を重視したきめ細やかな指導を全員が受けられます。塾では時間的な拘束も多いため、自力で積極的に勉強できる子どもであれば通信教育で時間や費用を抑えることも考えられます。塾や通信教育ではある程度自発的な学習が求められるため、つきっきりで見てもらえる家庭教師が一番だという子どももいるでしょう。 最も重要なのは、様々な面でのメリットとデメリットを比較しじっくりと検討することなのです。